不倫相手を忘れられないことが一番ツライです

ダブル不倫をしていましたが、今はもう別れました。
相手にバレて修羅場になる前に、すべて終わりにしようと彼の方から提案があったのです。
別れようとは絶対いつか言われるだろうなと思っていましたが、やっぱり悲しいですね。
私はすでに夫よりも不倫相手である彼の方を愛していたので、そう簡単に忘れることなんてできません。
もう別れてから半年近くが経ちますが、正直まだ彼への気持ちは消えないですね。
きっと再開したらまた不倫に走ってしまうと思います。
忘れないといけない、わかってはいるけれど常に彼が頭の片隅にいるんです。
来るはずもない彼からのメールを待ち続けて、気が付けば携帯をチェックしてしまう…。
夫からは、なんか最近元気ないけどどうしたの?なんて聞かれてしまいました。
元気がない理由なんて、話せるはずがありません。
私が今一番望んでいるのは、彼に会うことではなく彼のことをさっぱり忘れ去ることです。
早く不倫の記憶を消して、夫と普通の日常を送りたいです。

不倫相手を忘れられないことが一番ツライです

わたしが住んでいるアパートは築30年のボロアパートです。
壁も薄くて、わたしは毎日生活音に注意しながら生活しています。
ところが隣の奥さんは壁の薄さなんて気にしないみたいです。
日中、旦那さんが仕事でいない時間になると、あえぎ声が聞こえてくるんです。
わたしは夜間のシフトで仕事をしているので、日中部屋にいることが多いのですが、週3くらいの頻度で不倫相手を連れ込んでいるみたいなんです。
わたしの寝室とちょうど壁を挟んだ向こう側でセックスしているらしく、高い声がよく聞こえます。
昼下がりの部屋であんな大胆な声を出すなんて、こっちとしてはとても困ります。
壁ドンしてやろうかと思いましたが、たぶんこっちに聞かれても構わないと思ってしていると思うので無駄な抵抗かなと思って止めました。
可愛そうなのは旦那さんです。
何も知らずに夕方帰宅して、不倫していたのと同じ部屋でイチャイチャしているのかなと思うと、慰めてあげたくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする